育毛

薄毛はかつて男性だけの問題のとして理解されていました。
しかし、現在では、40代以降の女の多くが薄毛に悩んでいるというデータもあります。

ではなぜ、女性が薄毛になるのかのメカニズムについて説明していきます。
まず1つ目に、食生活の乱れによるものです。
現代人の食生活は高カロリー、高脂肪の食品が目立ちます。
そのため、増殖した中性脂肪の働きで、頭皮にある毛細血管が詰まってしまう原因となるのです。
血液の循環が悪くなった血管は、上手く頭皮に栄養と届けることができず、髪の毛が成長しなくなるのです。
2つ目に、ダイエットによるものです。
過度のダイエットは体に栄養を取り込むことができず、異常脱毛の原因となります。
3つ目に、ストレスによるものです。
ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスも崩れていきます。
そういう状態が続くと、栄養が体に行き渡らなくなり、薄毛を引き起こす原因となるのです。
4つ目に、妊娠と出産によるものです。
これを分娩後脱毛症と言います。
分娩後脱毛症の原因として、妊娠中の栄養バランスとホルモンバランスの異常によるものだと考えられています。
ですが、分娩後脱毛症は出産後改善するのが特徴ですので、心配は無用です。
5つ目に、頭皮のトラブルによるものです。
頭皮トラブルの原因として多いのが、シャンプーの仕方です。
シャンプーの仕方が間違っていると、頭皮や髪の毛にダメージを与え、薄毛になる可能性があります。
6つ目に、老化によるものです。
女性ホルモンのエストロゲンが老化により減少し、毛穴から出る髪の毛の本数が減ったり、髪そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりすることで薄毛を発生させます。
以上の女性が薄毛になる原因をふまえた上で、薄毛対策に効果のある育毛剤の使用法について説明します。
まず最も気をつけて欲しい点が、男性用の育毛剤を女性が使用することです。
男性用の育毛剤にはアルコール分が多く含有されていて、頭皮の脂質を除去するようにできています。
しかし、女性用の育毛剤は、頭皮の保護を目的としていて、保湿効果が高くなるように作られています。
男性と女性では発毛や育毛方法に大きな違いがあるため、女性特有の薄毛対策を理解し、丈夫で健康な髪の毛を育てて欲しいと考えます。

髪に悩みを抱えている女性は多くいます。
年齢を重ねるにつれ髪が細く弱っていき、抜け毛も多くなります。

現在は薄毛に悩む女性のための育毛剤が多く販売されており、通販やドラッグストアで手軽に買うことができますが、一体どんな育毛剤を選べばいいのでしょうか。
使ってすぐに効果が実感できるというものではないため、選ぶのは大変かもしれません。
育毛剤にもいくつかの種類があります。
医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類です。
医薬品は名前の通り薬であるため、国によって効果があると認められています。
その分育毛を期待できますが、人によっては肌に合わず副作用の恐れもあります。
使用する際は薬剤師や医師などに判断を仰ぐのが適切でしょう。
対して医薬部外品は医薬品ほどではなくとも、その効果がある程度認められたものです。
作用が穏やかなため長期間に渡り使用することができますが、長く使わないと効果が実感しづらいという点があります。
化粧品はこれらの2つに比べると安心して使うことができますが、正式に効果効能が認められたものではないため、育毛効果はあまり期待できないかもしれません。
おそらくほとんどの育毛剤は医薬部外品に分類されるでしょう。
通販やドラッグストアで誰でも気軽に購入でき、長期間使い続けることで効果が期待できます。
薄毛の悩みの度合いは人それぞれなので一概には言えませんが、正しく使い続ければ徐々に悩みが解消していくのではないでしょうか。
毎日使うものなので、香りや使い心地も重要です。
例えばスースーする清涼感は人によって好き嫌いが分かれます。
また肌が敏感な方は、インターネットで口コミを参考にしたり、成分を調べたりすることも大切です。
中には短期間お試しできるトライアル品が販売されているものもあるので、そのようなものをまず使ってみるのもお勧めです。
薄毛に悩む女性が、少しでもストレスなく楽しく日々過ごすことが大切です。
是非自分に合った育毛剤を見つけましょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031